展示品

エナメルボタン

ボタンの中では最高級品とされ、
金属の土台の表面に色ガラスの粉末を溶き絵付けし焼き上げたボタン
バラや忘れな草、人物の絵柄が最も多く見られる

(19世紀初頭/ヨーロッパ)

ピクチャーボタン

アンティークボタンの中でも数多くみられるのがピクチャーボタン
19世紀から100年もの間、子ども向きの童話、寓話、動植物から歴史上の人物まで幅広く生産された

シェルボタン

厚みのある白蝶貝にダイヤモンドに見立てたペーストガラスを嵌め込んだり、
彫刻に墨入れ加工を施し豪華さを際立たせたボタン

(19世紀~/イギリス・フランス)

ジャポニズムボタン

19世紀のジャポニズムブームでは日本でボタンが盛んに製作され欧米へ輸出された
日本の美しい超絶技巧は欧米で大人気となった

薩摩ボタン他、芝山ボタン、象牙に螺鈿(らでん)、珊瑚、べっ甲などを
はめ込んだ美しいボタンを見ることができる
残念ながら、その頃の日本では着物文化でボタンの需要がなかったため、入手出来るものは海外からの里帰りである

薩摩ボタン

赤銅ボタン

ヴィクトリアンセルロイドボタン

可燃性が高く柔らかくて加工しやすいため、時代の流行に合わせてデザインも豊富に作られた
べっ甲やウッド風などもありますが、象牙に似せたセルロイドに型を押し、
墨入れが施されているデザインも大変美しい

(1870~1960年代)

レーシィーブラックガラスボタン

ガラス製のボタンでレース柄を表現したイミテーションファブリックと呼ばれている

レーシィーブラックガラスボタン
レーシィーブラックガラスボタン

ウェストコートボタン

男性用の着脱可能なウェストコート用のボタン

(19~20世紀/イギリス)

刺繍サンプラー

1600年代以降の刺繍サンプラー

アンティークレース

フランス「ポワン ド ガーズ」
イギリス「ホニトンレース」
その他アンティークレース

(18~19世紀)

CONTACT

TEL 03-5842-1403

OPEN
水曜日・木曜日・金曜日・土曜日
11:30~18:00 ※最終入館17:30

※イベントにより臨時休館、および夏季・冬季は長期休館になる場合がございますので、
営業カレンダーをご確認いただくか、お電話でお問い合わせください。